釜浅商店

おしらせ

行平鍋職人

先日大阪の職人さん達に御挨拶に行ってまいりました。
そして、当店ではもうお馴染に近い商品の「行平鍋」を作っていただいている姫野さんのところにお邪魔してきました。
新しい商品についてや、お互いの道具に対する思いなど、いろいろなお話をさせていただきました。
その中でも特に印象に残っている言葉として、
「50個100個と定番品をご注文をいただける事もとてもありがたいですが、1つの別注商品を作ることが、やはりすごく楽しくてやりがいがある」
とおっしゃっていました。これを聞いて、モノを作る事が非常に好きな方なんだな、とあらためて感じました。
そういった思いに応えるためにも、我々も日々道具と向き合い試行錯誤し少しでも良い道具を企画していきたいと思っております。
そして、お客様からもこういう鍋が欲しい等というご要望があれば遠慮なくお申しつけ下さい。

姫野工場
工場の風景です。作業途中の商品や、以前作ったものなどめずらしいものが沢山あり、思わずテンションが上がってしまいました。

姫野さん作業
当店のディスプレイ用にアルミの板を打ってもらいました。

和田

最近の投稿
カテゴリー
月別アーカイブ