釜浅商店

おしらせ

イースターといえば。。。

本日4/16はイースターですね。
本来はキリスト教における「復活祭」を意味するイースター。
あまり日本では馴染みがありませんでしたが
最近ではテレビCMがやっていたり
イベントが各地で行われてたりするので
ハロウィンのようにイベント事として徐々に浸透しつつあるのでしょうか。

イースターのシンボルといえば『たまご』ですよね。

釜浅商店で『たまご』ときたら玉子焼き器(無理ある)。
お弁当に大活躍の玉子焼き器は持っておいて損はないと思います。

銅製の玉子焼き器は、油馴らしが必要ですが
その熱伝導率の良さからすぐ焼き上がるので、
忙しい朝でもさっとできちゃいます
(内側は錫がひいてあります)。

銅製 関西型↓
定番!くるくると菜箸などで返しながら作ります。
所謂出し巻き卵のアレです。

銅製 関東型(と木蓋)↓
築地などで売られているあの厚焼きたまごは
2つ折りにしてじっくり火を通しながら木蓋で形を整えながら作られています。
最後に木蓋に載せ、取り出します。

テフロン製は油慣らしが必要ないので手軽に始められます。

鉄製の鋳物タイプ
こちらも油慣らしをした方が良いでしょう。
蓄熱製が高く、熱が下がりにくいので
じっくり火を通すことができます。
持ち手が熱くなるのでミトンなどが必須です。

いろいろな種類があるので、
重さ・デザインの好みやサイズなど
ライフスタイルに合ったものを選んでみてはいかがでしょうか。

最近の投稿
カテゴリー
月別アーカイブ